畳から洋間、クッションフロアーへ造り替える方法

今日は余裕があるので畳から→クッションフロアーの床に造り替える方法の一つをご紹介します

 

まずは、畳を撤去します

 

撤去後にバリアフリーにしたい部屋との段差を測ります

 

ここはコンクリートから仕上げたい高さまで41ミリでした

下地に27ミリを使い、上に12ミリのコンパネを使う事にしました

27ミリ+12ミリで39ミリで、クッションフロアーの厚みは1.8ミリなのでちょうど同じ高さになる計算です

 

まずは、下地を間取り合わせカットしながら300ピッチに並べて割付します

 

割付が終わったら止める作業に入ります

 

下地の裏にウレタンボンドを付着する事で、床なりや歩いた時の違和感を防ぐことが出来ます

 

今回は27ミリの下地として60ミリ×27ミリ×3mのホワイトウッド(別名カナディアンウッド)を使っています

 


下地をコンクリートに止めていきます

 

振動ドリルで穴を開け、コンクリートビスビスで止めていきます

時と場合によりますが、今回は450ピッチでビス止めしています

 

 

ビス止め後です
端の木と木の合わさる部分にわざと隙間を空けています
引っ付いていないので、手を抜いているようにも見えますが、四季により木は伸び縮みを繰り返します
伸びている時に擦り合い、床鳴りの原因になります

乾燥材を使っているので、縮むより膨らむ事を気にしてます

隙間は床鳴りを避けるための工夫です

 

 

下地の下からウレタンボンドがはみ出して来ました

これが一番良い状態です^_^
ウレタンボンドがいい仕事してますね〜〜

 

 

下地が終わったので次はコンパネ張りです

ベニヤの12ミリは床には弱いので、強度のあるコンパネの12ミリを張ります
周囲の凸凹を切り合わせながら丁寧に張ります
釘は38ミリの長さのものを使いました

38ミリはコンクリートまで届かない長さです

釘打ち機で100ミリピッチで止めています

 

 

 

コンパネの継ぎ目にも木工ボンドを塗っています

継ぎ目で起る床鳴り防止と強度を上げるためです

 

 

 

 

隣の部屋との同じ高さの床になりました

 


クッションフロアーが貼れる状態まで完成しました^_^
今日はここまで

多くの人がオンライン薬局で評判が良いです。しかし、いくつかは米国でライセンスされていません。 JAMA内科で発表されたレビューによれば、性的健康問題は世界中で1億4000万人の男性に影響を及ぼしている。最もよく知られているのは、バイアグラです。 バイアグラまたはバイアグラについて質問がありますか?ほとんどの人が “”について知っているでしょう。 「」のような事項は、さまざまな種類の健康問題と関連している。事実、医学的レビューにより、これらの投薬に苦しむ人々の4分の3までが副作用を経験することが分かった。あなたがバイアグラのような薬をオンラインで購入することを選択した場合は、できるだけ先に医師に相談してください。このジェネリック薬に起因すると思われる危険な作用がある場合は、薬剤師に相談してください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA